僕の奥さんの友達は、新宿にあるエステサロンで働いています。

もともと彼女は奥さんの大学時代の友達の妹さんです。

それぞれ働き始めたあとに、お姉さんを交えて買い物や食事に一緒に行っているうちに仲良くなって、最近ではお姉さん抜きでもよく会うようになりました。

その彼女が働いているエステサロンは大手に数えられる会社で、エステの業界では老舗のひとつです。

そうはっきり聞いたことは無いものの、大手のエステとそうでないところでは、お給料にかなりの差があるそうです。
そのため、彼女のつとめているエステに入りたいと、ほかのエステから移ってくる人が結構いて、今のお店の2割くらいは別のエステからの移籍組です。

最新の情報で情報選びをサポートするサイトです。→http://www.salon-de-bell.co.jp/

永久脱毛に関する基礎知識の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。


そういうスタッフは以前のお店からのお得意様を連れてきてくれる場合があるので、お店としても悪くない話のようなのです。

ただ、他よりいいとはいえ、エステティシャンのお給料はおしなべてそう高くはありません。彼女たちの悩みの一つがファッションや化粧品にやたらお金がかかることです。

美容を扱う仕事である以上、自分たちがきれいになろうと気をつかうのは当たり前です。

会社の方針がまずありますし、お金のあるお得意様に影響されてみんなお給料の中からかなりの額を洋服やコスメに使っているのだと言われます。


奥さんの友達は職場の地位が高いので、ショッピングに多少のお金を回すことができます。

キャビフルを使った痩身エステに有益な情報の紹介です。

脱毛の新宿のおすすめクリニックについて詳しく知りたいならこちらです。


そんな友達を働き始めて間もない若い子が真似してしまうと、とても生活していけません。

友達はそんな子たちに「服よりコスメに気をつかうように」と言っています。

お店に出てしまえば働いている間は制服なので、高いファッションは必要ありません。

しかし、顔や肌は常にお客様に見られている部分なので、若いうちはまずそっちにお金と気持ちを回すようにというわけです。


エステはお客様だけでなく、中で働いている従業員にとっても常に意識するものと言えそうです。